これまでのマテリジャとこれからのハイマテリジャ 【FF14】

3.xのマテリジャの歴史と振り返り、4.xのハイマテリジャの流れを読む。


■ パッチ3.xのマテリジャ

パッチ3.0

パッチ3.0からマテリジャが実装されました。 しかし当時は入手方法が限られていてとても貴重なものでした。

戦闘系マテリジャはマテリア化で生成できるようになりましたが、高価なシバルリー装備でしか生成できず容易に入手できるものではありませんでした。 それ故禁断穴にまでマテリジャを挿す方はほとんどおらずマテリガの価格は高騰しました。

シバルリー装備の錬精 経過報告
シバルリー装備の錬精について

またギャザクラ系マテリジャはマテリア合成でしか入手できず戦闘系マテリジャよりさらに貴重なものでした。


パッチ3.2

エオルゼア地方の蛮族デイリークエスト(イクサル族を除く)の報酬にマテリガが追加されました。 マテリガの排出量は大幅に増えましたが、同時期に新式装備も実装されたためマテリガの需要も大幅に増えました。

また週に1度だけ入手できるマハマターやディアデム諸島のスカイパイレーツスポイル:真鍮と戦闘系マテリジャを交換できるようになりました。 これにより戦闘系マテリジャが一般的に普及するようになりました。


パッチ3.3

モーグリ族のクエスト(デイリーではない)でギャザクラ系マテリジャを入手できるようになりました。 ただし排出量は限られていたので戦闘系マテリジャに比べるとまだまだ手に入りにくい状況でした。

イクサル族のデイリークエストの報酬にギャザクラ系マテリガが実装されました。 同時期に実装されたガーロンド装備の禁断に需要があり価格は高騰しました。


パッチ3.35

アクアポリスや死者の宮殿が実装され、そこでマテリジャを入手できるようになりました。 マテリジャの入手方法が増えたことで戦闘系マテリジャの価格は少しずつ下がり始めました。


パッチ3.4

クロ手帳でマテリジャを入手できるようになりました。


3.55a

イディルシャイアのスクリップ交換窓口でギャザクラ系マテリジャと交換できるようになりました。 同時期に実装されたシロ・アリアポーの影響もあり、ギャザクラ系マテリジャの価格も少し下がり始めました。


3.55b

リニューアルしたディアデム諸島で戦闘系マテリジャを簡単に入手できるようになりました。 これまでの入手方法に比べると格段に入手しやすく価格は大幅に下がりました。 (最近は拡張後に向けた買いだめの影響で価格が少し上がる傾向にある)



■ パッチ4.xのハイマテリジャ

パッチ4.0ではマテリジャの上位版「ハイマテリジャ」が実装されます。 かなり性能が高いため、禁断は1回しかできないようになっています。

例えば確定穴が2個ある新式装備にベストなマテリア装着をするならば以下のようになります。

  • 確定:ハイマテリジャ
  • 確定:ハイマテリジャ
  • 禁断:ハイマテリジャ(成功率?%)
  • 禁断:マテリジャ(成功率10%)
  • 禁断:マテリジャ(成功率7%)

少し妥協しマテリジャ禁断のみにすると。

  • 確定:ハイマテリジャ
  • 確定:ハイマテリジャ
  • 禁断:マテリジャ(成功率17%)
  • 禁断:マテリジャ(成功率10%)
  • 禁断:マテリジャ(成功率7%)

成功率を見て分かる通り、1つの装備を5禁断するだけでも相当数のマテリジャが必要になります。 第35回PLLで、ハイマテリジャ、マテリジャともに排出量はかなり多くなるとの発言がありましたが、 消費量もそれと同じくらい増えるのではないでしょうか。

あと気になるのはギャザクラ系ハイマテリジャについてです。 仮に3.xに当てはめて考えると、ギャザクラ系ハイマテリジャが普及し始めるのは4.3頃だと思われます。

もしその仮定が正しいとするならば、 4.0に実装されるであろうギャザクラAF装備にハイマテリジャを挿すことはできず、 確定穴・禁断穴ともにマテリジャを挿すのが一般的になるのではないかと思われます。

ギャザクラ系マテリジャの需要が相当あるのは間違いないのではないでしょう。 ただ4.0以降、おそらくギャザクラ系マテリジャは週制限のなくなったギャザクラスクリップ:赤貨と交換できるようになるので、価格はそれ程高騰しない可能性もあると思います。


© SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

■ 参考リンク

生活系まとめページ / クラフターまとめページ / ギャザラーまとめページ


コメント

非公開コメント


2017/05/20