ペルソナ召喚・市ヶ谷の釣り堀を考察 【ペルソナ5】

ペルソナ召喚・市ヶ谷の釣り堀を考察

イナリのスタイリッシュなペルソナ召喚。 カッコイイけどなぜか面白い(笑)


■ 『ペルソナ5』ショートムービーの考察

youtubeで新たな動画が2本公開されました。

『ペルソナ5』ショートムービー【ペルソナ召喚編】(外部リンク)
『ペルソナ5』ショートムービー【市ヶ谷で釣り編】(外部リンク)

「東京国立博物館よりオタカラを頂きます」にて、 すでに公開された映像ですね。

18日放送分のペルソナ5新情報

ペルソナ召喚時における「ブチッ」と、 釣りコンテンツを確認できます。 一度高画質で見ておきたかったのでありがたいです。



■ ペルソナ召喚

ペルソナ召喚編で登場するシャドウ(悪魔)一覧です。

ジャックランタン(Lv2)
カモシダパレスに出現。疾風属性が弱点。

シルキー(Lv6)
カモシダパレスに出現。火炎属性が弱点。 別名「不和を呼ぶ家政婦」

ピクシー(Lv2)
カモシダパレスに出現。呪怨属性が弱点。 別名「迷いへ誘う少女」

バイコーン(Lv4)
カモシダパレスに出現。電撃属性が弱点。

アラハバキ(Lv35)
宇宙基地に出現。念動属性が弱点。 別名「墓から目覚めた祖神」

ハイピクシー(Lv16)
銀行(オフィス)に出現。核熱属性が弱点。 別名「悪戯好きの少女隊長」

カハク(Lv9)
美術館に出現。氷結属性が弱点。 別名「首絞めの花少女」

アプサラス(LV11)
美術館に出現。

“別名”が有るシャドウと、無いシャドウがいます。 個人的な予想ですが、 別名が有るシャドウは交渉次第で力を貸してくれるのではないかと思っています。

シャドウのレベルに注目するとメインキャラクターの仲間になる順番もはっきりと分かりますね。

坂本竜司

モルガナ

高巻杏

喜多川祐介

新島真

佐倉双葉

奥村春

坂本竜司とモルガナの加入時期はほぼ同時期だとは思いますが、 モルガナの紹介文に「主人公と竜司が異世界のパレスで 偶然助けだした謎の黒猫」と書いてあるので、 坂本竜司の方が若干早く仲間になるはずです。 (ただ、ペルソナ召喚できる順番はモルガナの方が早いかもしれない)

ペルソナ5のメインキャラクター紹介


コープアビリティ「バトンタッチ」は主人公から仲間へ行われていますね。 仲間から主人公、または仲間から仲間へのバトンタッチはあるのでしょうか?

コープアビリティとコープキャラの関係など

メインキャラクターの習得スキルなどは以下のリンクをご覧ください。

ペルソナ5のメインキャラクター紹介



■ 市ヶ谷の釣り堀

自宅のある四軒茶屋から、学校のある蒼山一丁目までの区間は定期券で移動できますが、 区間外である市ヶ谷まで移動するには別途電車賃がかかります。


釣り堀の利用料金は3000円。 また、何らかの形で景品をゲットできるようです。

エサの種類は確認できただけも3種類あります。

  • 小さな練り餌:小さな魚しか釣れない
  • 中くらいの練り餌:中くらいの魚が釣れる
  • 大きな練り餌

まずは、 POWERで釣り糸を落とす位置を決めます。 水面に黒い影が映っているので、そこ目掛けて針を飛ばしましょう。


魚がヒットしたら糸を引きます。 針が赤い枠内に収まっている時に○ボタンを押し糸を引きます。 針は枠から出ようとするので、それをLスティックでうまく調整しましょう。


釣った魚は何に使うのだろう? 景品と交換できたり、フリークエストの納品アイテムになるのだろうか?


そう言えば、女医さんの病院に大きな魚のレントゲン写真がありましたね。 もしかしたら女医さんのコープで必要になるのかも!?

© ATLUS ©SEGA All rights reserved.

■ 参考リンク

ペルソナ5まとめページ


コメント

確か杏から竜司にバトンタッチしているシーンがあったはずなので、仲間から仲間へのバトンタッチは可能だと思いますよ。どこにそのシーンがあったかは、ちょっと思い出せませんが。
シャドウに関しては、僕はペルソナ交渉が成功して初めて「不和を呼ぶ家政婦」から「シルキー」になるのかなーと考えています。成功した時に初めて名前を名乗っていた感じがしたので。

2016年08月03日10:55 from 匿名希望URL

Re: タイトルなし

コメントありがとうございます!

バトンタッチは仲間から仲間へ可能なのですね。
主人公だけだとちょっと寂しいなと感じていたので新たな楽しみがひとつ増えました。

交渉で名前が明らかになる可能性は高そうですね!
PVを見直してなるほどと納得しました。
貴重なご意見ありがとうございました!

2016年08月03日13:05 from 管理人URL

非公開コメント


2016/07/31