戦闘用・ギャザクラ用のHUDレイアウトを作成してみた 【FF14】

パッチ3.3で実装されたHUDレイアウトの新機能。 地味ながら役立ちますね。


■ パッチ3.3のHUDレイアウト変更

「HUDレイアウト変更」で、 レイアウトの設定を4つまで保存できるようになりました。 これによりクラスごとにHUDを紐付けできるようになりました。

/micon "ギアセット番号" gearset
/gs change "ギアセット番号"
/hudlayout "HUB番号"


↑例えば、HUDレイアウト2番でギアセット番号6の木工師にクラスチェンジしたい場合。



■ HUDレイアウトの一例

※ゲームパッドとキーボードでプレイしています。


戦闘用とギャザクラ用のHUDを作ってみました。 左端に並んでいる縦型のホットバーに先ほどのマクロを配置し、 ボタンひとつでクラスとHUDを変更できるようにしています。

まずは戦闘用。 ターゲット・バフデバフ・フォーカスターゲット・リキャストやProcなどをなるべく中央部に集め、 戦闘に必要な情報を瞬時に把握できるようにしています。

パーティリストは左に寄せ、デバフ情報を見やすくしています。 特にヒーラーの方におすすめな配置です。

キャラクターパラメータや装備品・所持品リストなどは戦闘時には不要だったので非表示にしています。

また、目的リストは キャラクターコンフィグの「ユーザーインタフェース設定」→「HUD」にある、「目的リストの表示数設定」において、 「インスタンスコンテンツ中は目的リストを非表示にする」、 「パブリックフィールドのコンテンツ中は目的リストを非表示にする」ように設定しました。


次にギャザクラ用。 ギャザクラに必要な 製作マクロ・アディショナル切り替えマクロ・頻繁に使う調理品・クリスタルなどを右下のホットバーに並べてみました。 なるべく中央部を広く開け、快適にギャザクラを楽しめるようにしています。

マクロにはキーバインドを設定して、ボタンひとつで製作できるようにしています。

クリスタル・調理品・コーディアルなどは常に残り個数が気になるアイテムなので、 一目で残数を確認できるようにしています。

戦闘用では不要だったキャラクターパラメータや装備品・所持品リストも表示させ、 CP・GPの確認や、所持品の空きチェックなどに利用しています。 逆にパーティリストは不要だったので非表示にしました。



■ 参考リンク

生活系まとめページ / クラフターまとめページ / ギャザラーまとめページ


コメント

非公開コメント


2016/06/28