アルジクラベンダーとクラフタースクリップ青貨のおいしい関係 【FF14】

パッチ3.3のヌシ釣りに挑戦:バイオガピラルク

クラフタースクリップ青貨を効率良く稼ぐ方法を探ってみました


■ クラフタースクリップ青貨の調整

最近、マテリジャ錬精に必要なカーボンファイバーや、 AF2分解によるグラスファイバーを手に入れるため、 クラフタースクリップ青貨を大量に消費するようになりました。

パッチ3.3のロウェナの手形とギャザクラスクリップ青貨と赤貨
クラフタースクリップ:青貨(パッチ3.3対応)
続・グラスファイバーの入手方法

パッチ3.3で一部蒐集品の青貨の入手量が増えましたが、 これはあくまでも中間素材の手間や素材費を考慮したうえでの“調整”であり、 決して“緩和”ではありません。

例えば、「バーチシグナム」は青貨を110も貰えるようになりましたが、 製作にはバーチ材、キマイラフェルト、青麻糸、グロースフォーミュラ・ゼータなどたくさんの中間素材が必要になります。

青貨110はマロングラッセ5個ぶんに相当します。 バーチシグナムを1個作るのは、マロングラッセを5個作るくらい手間がかかると判断し調整したのでしょう。

実際、以前から青貨集めの定番であった マロングラッセ、ドラゴンファングイヤリング、ドラゴンスケイル・グラインディングホイールなどの入手量は変わっていません。



■ アルジクラベンダーとクラフタースクリップ青貨のおいしい関係

クラフタースクリップ青貨を効率良く稼ぐ方法を探ってみました。

私が考える効率さとは安さと早さです。 素材費が安く、 なるべく手間のかからないレシピが理想です。

これら条件を十分に満たしたレシピが「ドラゴンファングイヤリング」でした。


素材はドラゴンの牙(2)とハードシルバーナゲット。 ドラゴンの牙は捨て値で売られていますし、 ハードシルバーナゲットはアルジクラベンダーを納品することで簡単に手に入ります。

ハードシルバーナゲットは 畑を自由に使える方なら一日100個程。 個室の植木鉢だけでも24個は必ず手に入ります。

アルジクラベンダーとヴォイドマンドレイクを栽培しよう

なんと植木鉢や畑を所有している方なら、 中間素材を製作することなく格安でドラゴンファングイヤリングを作ることができるのです

次におすすめなのが「ドラゴンスケイル・グラインディングホイール」と「マロングラッセ」。 どちらも少ない中間素材で製作できますし、 オーラムレギスナゲットはアルジグラベンダーと交換することでも手に入ります。

レシピクラス青貨素材
ドラゴンスケイル・グラインディングホイール 木工 48~ バーチ材 x2/オーラムレギスナゲット/ドラゴンの鱗 x2
ドラゴンファングイヤリング 彫金 28~ ドラゴンの牙 x2/ハードシルバーナゲット
マロングラッセ 調理 22~ ダークマロン x3/バーチシロップ/高級クッキングワイン


■ 参考リンク

生活系まとめページ / クラフターまとめページ / ギャザラーまとめページ


コメント

非公開コメント


2016/06/23