宝の地図G8をソロで挑戦してみた:その2 【FF14】

前回に続き宝の地図G8をソロで挑戦してみました。


■ ソロ学者の心得

前回の記事は宝の地図G8をソロで挑戦してみた:その1 【FF14】を参照。


今回は学者で挑む際のちょっとしたコツをご紹介。

鼓舞クリを張ってからディグを使う

こうしとけば戦闘開始直後に危なげなく攻撃を仕掛けることができます。


フェアリーを少し離れた場所に移動させる

追従のままだと、範囲攻撃に巻き込まれ余計なダメージを喰らってしまいます。 また、追従だと余計な移動を強いられ、回復のタイミングが若干遅れる場合もあります。



■ テリトリアル・ワイバーン

テリトリアル・ワイバーン x4/テリトリアル・ヴィーヴル x4/テリトリアル・サングィプテレ,テリトリアル・アンフィプテレ
出現パターン 3連戦(敵集団を倒すたびに追加で出現)
エリア ドラヴァニア雲海/高地ドラヴァニア
難易度 普通
残り時間 1:35

最初にテリトリアル・ワイバーンが4体出現します。 鼓舞クリが効いている間に3DoTベインを展開させブリザラでまとめて倒します。 円形範囲のファイアボールに要注意。

次にテリトリアル・ヴィーヴルが4体出現します。 強さは最初の敵と変わりません。 適時鼓舞で回復しつつ、3DoTベインで仕留めます。

最後に一回り大きなテリトリアル・サングィプテレとテリトリアル・アンフィプテレが現れます。 敵の攻撃を 鼓舞、ラウズ、囁き、ウィルス、フェイイルミネーション、生命活性法で耐えながらDoTでじわじわ攻めましょう。 エーテルフローをベインより生命活性法に多く使っても 残り時間に結構余裕があったので、1体ずつ倒していった方が安定すると思います。



■ テリトリアル・ウェアドラゴン

テリトリアル・ウェアドラゴン/テリトリアル・シリクタ/テリトリアル・エルダーシリクタ
出現パターン 単体(最初の敵集団のみ)
エリア 高地ドラヴァニア
難易度 普通
残り時間 1:23

テリトリアル・ウェアドラゴンとテリトリアル・シリクタとテリトリアル・エルダーシリクタが3体同時に現れます。 こちらも残り時間に余裕があるので、 無理にベインを使うより生命活性法を優先した方が良いです。

一回り大きいテリトリアル・ウェアドラゴンの攻撃は範囲が表示されません。 しかし、きちんと避けないと回復が間に合わないので、 相手の予備動作を見極めて攻撃を回避しなければいけません。

顔の前に両腕を構えた後は主人公の今いる位置にファイアボールが来ます。 その場を離れ回避しましょう。 片腕を上げた後は前方範囲に攻撃が来るので後方に回り回避します。 ストーンヴィジルHardの最後のボスを思い浮かべればピンとくるのではないでしょうか。

3体相手だと回復がしんどいので、 集中砲火で1体ずつ仕留めていきましょう。 1体いなくなれば難易度はグッと下がります。


【宝の地図G8:ソロ挑戦シリーズ】



■ 参考リンク

パッチ3.2 まとめページ / クラフターまとめページ / ギャザラーまとめページ


コメント

非公開コメント


2016/05/01