漁師の役立つ釣りテクニック 【FF14】

漁師の役立つ釣りテクニックについて


■ コーディアル+ペーシェンス

コーディアル使用直後にペーシェンスを使うと ペーシェンス発動後にコーディアルの効果が発動します。

つまり、GP470が減った後に、GP300が回復するので、 ペーシェンス効果中の使用GPに余裕ができ、フッキングをたくさん使えるようになります。

漁師の刻限や ヌシ釣りで非常に役立つテクニックです。



■ ストロングフッキングとプレシジョンフッキング

ストロングフッキングとプレシジョンフッキングは ペーシェンスのフッキング低下効果を打ち消してくれるアクションです。 魚の種類によって2つのフッキングを使い分ける必要があります。


ストロングフッキング

竿が「ググッ!」や「グググッ!」と大きくしなった時に使います。 ゲームパッドは2回以上振動します。


プレシジョンフッキング

竿が「グッ」や「ミシッ」と小さくしなった時に使います。 ゲームパッドは1回振動します。



■ 漁師の直感


一部ヌシ釣りに必要な漁師の直感は、 釣り竿を構えてから、それを収めるまでに特定の釣果を上げることで発動します。 途中で釣り竿を収めると釣果がリセットされてしまうの要注意です。

ただ、漁師の直感の効果は釣り竿を収めても消えません。 漁師の直感発動後にコーディアル+ペーシェンスを使うこともできます。

時間帯が決まっているヌシを釣る場合、 ヌシが釣れる時間帯の前から釣り始め、 漁師の直感が発動する直前で待機すると効果的です。



■ 泳がせ釣り

泳がせ釣りも事前待機ができます。 ヌシが釣れる時間帯の前に 泳がせ釣りができる状態にしておくと効果的です。



■ フッキング時間

キャストからフッキングまでの時間は 基本的にルアーより餌の方が短いです。

また、時間制限がある魚を釣る場合、 アタリ以外はフッキングせずに放置する方が時間節約になります。



■ 参考リンク

パッチ3.2 まとめページ / クラフターまとめページ / ギャザラーまとめページ


コメント

非公開コメント


2016/04/29