血のアンダルシアとアカシャアーツの威力を検証 【女神転生4 FINAL】

【東狂】 魔人マタドール 【女神転生4 FINAL】

血のアンダルシアとアカシャアーツの威力を検証してみました。


■ 血のアンダルシアとアカシャアーツ


上記のスキル構成をしたマタドールで、 ナジャに対し血のアンダルシアとアカシャアーツで攻撃し そのダメージ量を測定。 (物理のスキル適正は+5)

だたし、コロシの愉悦の影響もあり ほとんどクリティカルしか出なかったので クリティカル時のダメージを測定しています。



血のアンダルシア

物理属性で大威力の攻撃を4~12回行うスキルです。 以下は1ヒット当たりのクリティカルダメージ量です。

  • 最大ダメージ:107
  • 最小ダメージ:92
  • 平均ダメージ:99.45

血のアンダルシアの平均ヒット回数を8回と“仮定”すると、 累計平均ダメージは795.6になります。



アカシャアーツ

物理属性で特大威力の攻撃を1回行うスキルです。 以下はクリティカルダメージ量です。

  • 最大ダメージ:752
  • 最小ダメージ:738
  • 平均ダメージ:745.42

アカシャアーツの平均ダメージは745.42になりました。



まとめ

アカシャアーツより血のアンダルシア(ヒット回数8と仮定)の方が若干強い結果になりました。 血のアンダルシアは魔人マタドールしか習得しない固有スキルです。 物理特化の仲魔を作りたい方はマタドールを候補にしてみてはいかがでしょうか。



■ 参考リンク

女神転生4 FINAL まとめページ


コメント

非公開コメント


2016/03/07